物書きになりたい人への覚書

wataken2003

ボケお袋のおねしょ対策

痴呆症が進んで、トイレが間に合わないことが多くて、おねしょは日常茶飯事。おむつもしているけど、漏れてしまうのも当たり前。 おねしょが漏れると、布団の洗濯と乾燥が非常に面倒だし、間に合わない。そこで、濡れてもすぐ乾く布団カバーを奥さんが買ってきた。でも、布団カバーだけじゃ寒いから、中に布団を入れるわけだけど、それじゃ洗濯と乾燥の手間は変わらないよね。そこで一案。 布団カバーの中に荷物の梱包材を入れてみよう 風船のような緩衝材を布団カバーの中に入れたらどうなるかな? これなら洗ってもすぐに乾くし、最悪は捨ててもいいし。緩衝材がないときには新聞紙を丸めて入れておいても良さそうだ。要するに保温がしっか…
wataken2003
先月

ボケお袋の介護日誌

執筆のネタとして書き溜め。 今日は、ボケお袋が家にいる日。訪問診療の日なので、施設へ行かないのだ。朝から、コンチクショーと壁や家具を叩きまくっている。ああ、煩い。 不安や不快(体がうまく動かないなど)、空腹などがヒルテリーとして表出するんだな。 ボケお袋は、僕を子育てしている時から、つまり、人生のほぼ全てで、他者への怒りが多い人だ。怒りを原動力に、社会では成功した人だと言える。 さて、そういう怒りを原動力にしている人は、ボケても怒りが生命力そのものなので、家族はたまったものじゃない。 ボケ老人を見ていると、人間の本質を見ているような気がする。理性が働いているときには、社会人として、その本質をう…
wataken2003
先月

僕の執筆ツール

新しいサイトになったので、執筆ツールをまとめておきます。 一般書籍はScriver 実用本のような一般書籍の場合には、Scrivenerを使います。特に、出版社から本を出す場合にはScrivenerがいいですね。画像素材の管理、バージョンの管理、Kindle版と印刷版の両方を一元管理というように、同じ内容の本を書き分けてゆく場合、Scrivenerが最も簡単で間違いが起こりにくい。一太郎やWordのようにファイルベースだと、ファイルの日付やファイル名でバージョンの違いを管理せざるを得ないので、これだと結構、ミスが起こります。また、章ごとにファイル出力するようなことも簡単です。 ただ、出版社との…
wataken2003
先月

キーボード論

キーボード入力が、おじさんの武器なのですが、どのキーボードを使うのかということは、結構悩みますね。 小さなキーボードでも大丈夫? UMPCを使っているんだけど、このキーボードはかなり小さい。そして、配置も独自な部分がある。結構、これは慣れが必要なんだけど、慣れればなんとかなる。そして、問題は普通のキーボードを触った時に、キーミスをすることですな。でも、これも慣れで克服可能。 ということで、キーボードはなんでもいいや。…
wataken2003
先月

古代インド哲学を研究するポイント

古代インド哲学は、非常に優れた思想なんだ。だけど、それを現代に伝えるにあたって、19世紀の統治国であったイギリスの影響があって、インド哲学の研究は英語で行われることが多かった。それゆえ、西洋の価値観から分析することになってしまって、ちょっと歪んだ解説が多い。 例えばサットヴァは善質、ラジャスは劇質などと翻訳されているが、ちょっと違うと思う。そもそも善悪の二項対立というのが西洋的であって、サットヴァから見た善悪、ラジャスから見た善悪というように、対立ではなくて、視点の問題なのだ。 ということで、我々が世界中の思想を考える場合には、それが英語を介しているかどうかを考えないとダメだ。つまり、翻訳作業…
wataken2003
先月